Google Chrome68で非httpsサイトに警告を表示

Chrome68でHTTPサイトに警告! Webサイト

2018年7月24日(米国時間)にGoogle Chromeの最新版Chrome68がリリースされました。以前からGoogleは、ウェブサイトへの接続時に通信データを暗号化するHTTPS接続(SSL化)を適応するようアナウンスしていました。

HTTP接続で表示される「保護されていない通信」の警告

Chrome67までは、HTTP接続のウェブサイトにアクセスしても「i」マークが表示されるだけで、このマークをクリックするまでは警告を表示することはありませんでした。

chrome67でhttpサイトにアクセス

リリースされた最新版のChrome68では、HTTP接続のウェブサイトへアクセスすると、アドレスバーの左側に「保護されていない通信」と警告が表示されるようになりました。

chrome68でHTTPページにアクセスすると警告が表示

HTTPS接続が行われたサイトでは、緑色の鍵アイコンと「保護された通信」が表示されますが、9月にリリース予定のChrome69ではこの「保護された通信」文言が削除されるようです。最終的には、鍵アイコンも緑色の文字も無くしていくとのこと。

chrome67と69以降のアドレスバー表示例

また、10月リリース予定のChrome70ではHTTPページでデータを入力すると赤色で「安全でない」と警告が表示されるとのこと。

chrome70では「保護された通信」の文言を削除

ただし、フォームなどの情報を入力する際には警告が表示されるもようです。

chrome70でのフォーム入力時の警告表示

GoogleがHTTPS接続(常時SSL化)にこだわる理由は?

これまでのウェブサイトでは、個人情報などを入力するフォームが設置されたページのみHTTPS接続をしていることが多くありました。しかし、最近はサイト全体をHTTPS接続する常時SSL化することが推奨されています。

HTTPS通信によるセキュリティ強化

空港や駅、カフェやお店などで公開されている公衆無線LANは便利ですが、安全性が低いWi-Fi接続で特定のツールを使うことにより、暗号化されていないHTTP通信で盗聴できるといいます。通信を傍受して盗聴することが、全ページを暗号化することで、万が一通信を盗聴されても通信内容が暗号化されているので、盗聴や改ざんを防ぐことができるそうです。(下図はSymantecサイトより

symantec社の常時SSLのイメージ図

HTTPS接続はSEOにも有利!?

Googleは数年前からGoogleのランキングシグナルとしての使用や、優先的にインデックスを行うなど、SEOに有利となることも発表しています。

また、HTTPS接続に対応することにより、次世代プロトコル「HTTP/2」に対応できます。このHTTP/2を使用することでサイトの表示速度を高速化することができます。Googleがサイトの表示速度をランキング要素に取り入れていることもよく知られています。

サイトの安全性を確保しつつ、SEOにも有利なHTTPS接続。ウェブサイトの運営者なら、早めの対応を検討したほうが良さそうです。

タイトルとURLをコピーしました